季刊レポ、全号 電書化しました!

みなさま、たいへんご無沙汰しております!!(1年ぶりの新規投稿)

紙版、といいますか、5年間・全20冊発行しました季刊レポが、全冊 電子書籍化されました!!
…ことし3月21日に。
(遅い!お知らせが…遅すぎる!!)
季刊レポ 20号

ま、ま、これでですね、既に特約書店での在庫分限りで、紙版では入手困難となっていた5号、9号、11号も、画面越しではありますが、読んでいただけるようになりました!
価格も紙版の半額以下となっておりますので、ぜひ、お手元に、というか、PCやタブレットの中に入れてやってください。
(紙のときと同じレイアウトのまま電書化しましたので、スマホで見るのは字が小さすぎて無理!)

お求めは、イーブック・ジャパンで!

レポTVはYouTubeLiveで続行中!トロ、えのきどが、執筆陣を中心をしてゲストを迎えてお送りしています。
※トロ、マグロを中心とした、町中華探検隊も活動続行中!昨夏には単行本第1弾、今年はテレビ番組にもなっています。最新の活動報告はブログFacebookページで。

季刊レポ 創刊号、電書化しました!

2010年9月に創刊した「季刊レポ」、昨年6月の終刊号まで全20冊を発行しましたが、この度!ようやく!!電子書籍として発売しました。まずは創刊号をお求めいただけます。
今回の電書版は、パブーでの発売。pdfをダウンロードしていただく形式となります。お求めはこちらから!
※パブーでの販売は終了しました。下記のイーブック・ジャパンで、お求めいただけます。

※創刊号に載っている記事はこちら※
http://www.repo-zine.com/archives/688

【追記】10/7
イーブック・ジャパンでも発売を開始しました!

こちらでは、創刊号~第4号までの4冊を発売しています。
(創刊号 100円、第2号~ 300円。すべて税別)
イーブック・ジャパンでのお求めはこちらから

また、月刊「ダ・ヴィンチ」での北尾トロ連載『走れ!トロイカ学習帳』では、発売中の11月号で、トロが自力で電子書籍を販売にこぎつけるまでの模様を掲載しています。あわせてご覧ください。

レポショップでのネット販売は終了しました

お知らせしています通り、北尾トロ事務所の移転に伴い、誠に勝手ながら、レポ公式ネットショップの営業を、2016年4月24日受付分で、終了させていただきました。

※レポ公式ネットショップ営業終了以降も、レポ本誌は、
三省堂書店神保町本店ほか、全国各地の特約書店・販売店でお求めいただけます
(在庫状況は、直接各書店までお尋ねください)

※レポ本誌を電子書籍として、販売しています。
イーブック・ジャパン
(創刊号 100円、2~20号 各号300円 全て税別)

※レポCDは、全国のCDショップなどで取り寄せ可能です。
CD番号 WPCR-16250
レポCD(ワーナーミュージック・ジャパン)
※WMJ社サイトから、各ネットショップへリンクしています。

※季刊レポ執筆者、編集部への連絡はこちらから

レポ発の単行本! 『エロ本黄金時代』

エロ本黄金時代_書影s

河出書房新社  1700円(税別)

 
 

レポ vol.14の特集「八〇年代エロ本文化」を核にした本ができました!
本橋信宏・東良美季共著の『エロ本黄金時代』です。

レポ特集の記事に加え、両氏がこれまでに書き綴ってきた数々の記事を集めたばかりか、
書き下ろしや新たな対談も収録。
さらに安田理央氏、ばるぼら氏も寄稿。

一九八〇年代に輝いた、エロ本という文化。
現場の貴重な証言を満載しておくる、30年間の同時代史。

ぜひ、お読みいただきたい。

(さらに…)

季刊レポ 20号:終刊号新連載大特集

vol.20_cover


【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】

終刊号新連載大特集

最後の「季刊レポ」なのに<新連載>とは、これいかに?
終刊号が書き手たちの新たなスタートになるように、
特集を組んだのである。
終刊号で始まった新連載は、揃いも揃って19本。
編集長・北尾トロはこう言ってます。
「ギョーカイ関係者の皆さん、2回目以降、引き受けてもらえませんかね。紹介料は不要ですよ。
季刊レポはなくなっても、レポ発連載があちこちで読める。そうなったら発行人冥利に尽きるってもんです。」

(本特集の執筆者に連絡したい!媒体の方はこちらから
(さらに…)