夕陽に赤い町中華 第4回

 
北尾トロ(編集長)

 
 
 
 
 

いまネット環境のないところにいて、ならばiPhoneで書くかと思ったんだが、すぐ挫折してしまった。
なんで今週は、先日えのきどいちろう、技術のヨシオカと行った町中華の写真だけだ。でもここ、いい佇まいでしょう。店名も外観もオーソドックスで迷いがない。
ぼくは中華丼食べたけど、かなりしょっぱくて、それがまた強さを求める町中華らしかった。少なくとも30年はやってる気配で、注文取るときのヤル気ない感じや、それを受ける厨房の塩辛声に年期が入っていた。こういう店を大事にしないとな。
 
-ヒビレポ 2014年4月27日号-

Share on Facebook