超小市民あるあるパラダイス  第9回

夢あるある

 
田中稲(11号で「大阪から来た女」執筆)
 
 
 
 
季刊レポでも数回書いているが、覚えている人が皆無に近いと思うので、もう一度書いておこう。
私はなにより、眠ることが好きである。睡眠ラブ。趣味、睡眠(しつこい!)
ふんわり布団に体を突っこみ
「うっはー、今日も終わった。いざ、現実が終わり夢の世界へ…すかー…」
というあの一瞬のために生きていると言っても過言ではない!!
数年前、かかりつけのお医者さんに
「うんうん、君はロングスリーパーといってそういう体質なんだよ」
と言われたことに調子に乗り、
「私って長い睡眠を許された女!!」
とワケのわからない大義名分(?)を振りかざし、9時間〜10時間平気で寝ていた。
ところが最近になり、そのお医者さんに
「えーと、君は平均何時間くらい寝ているかな?」
的な事を聞かれ、あれっ、先生には言っておいたのに…と思いつつ、
「9時間くらいです」
と答えると、
「ええええッ、寝過ぎだよ!!!」
とビックリされ、こっちがビックリした。
おいおいおい、ロングスリーパーと言ってくれたのはアンタやったろうがぃ!
 

 

いやいや、今回は睡眠の話ではなく、夢の話である。
私は、テレビで見た内容や芸能人がよく夢に出てくる。根っからのミーハーなんであろう。
今まで日記やブログなどで書き散らした夢日記の内容を列記してみると
・アンルイスとそばを食う
・稲垣潤一とオープンカーでデート
・伍代夏子と賭けをして負ける
・保坂尚希が先生で、私の提出した卒論「タトゥーと私」というテーマついて「内容が甘い!」と怒られる
など、なかなかバラエティに富んでいる。夢ってホントに自由……。
単純に、ネットの夢判断で調べてみると、芸能人が出る夢は
『希望や意欲に燃えるだけではなく自分を磨いて行く努力をした方がいいという暗示』
らしいです。ひえー、あながち外れているとは言い難いっ。努力します努力!!

が、不思議と、大ファンの芸能人は出てこないんだよなー。なんででしょう。いや、芸能人に限らず、夢でもいいから会いたいと思っている人はなかなか登場してくれないのだ。
先日、人気番組「情熱大陸」で俳優の東出昌大さんが、彼のお父様が死んでしばらく、周りから
「お前のところのお父さんが夢に出て来たぞ」
と言われるのに、自分は全くお父さんの夢を見なかった、あれはなんでだろう?と言っていて、思わず「そうそう!」と声に出してしまったわ。確かに私もオトンが死んでしばらくは夢に出てこなかった。会いたいなー、せめて夢に出てほしいなーと思っているのに、である。オトンが夢に出だしたのは死んで3年目くらいからだろうか。最近では、オトンがオカンの夢に出てきたらしい。しかも
「すまん俺、再婚してん」
と、オカンにのうのうと宣言したそうだ。なんじゃそら!
ててて天国で再婚?? とオカンが驚いていると、オトンの後ろに女性がソッと寄り添っていたそうで、ものっすごく腹が立ったという。
「ばっかじゃねーのー死んでも女グセは変わんないしー絶対浮気するからあの女も泣かされるしー」
と私にヤサグレながら言うオカンの姿はなかなか可愛かった。夢なのに本気にして妬いちゃってもー。
しかし、「夢だから」で流す事ができないのはよく分かる。夢の中には、現実だったのか?と思うほどハッキリ内容を覚えているものもあり、メンタルへの影響はかなりのモンがあるのだ。
私も、
「日本女子バレーの代表に選ばれ、大事なところでミスをして竹下佳江選手に罵られる」
という夢を見た時、目が覚めた時の凹み具合たるや、そりゃもうすごかった(泣)。
最後の最後、私が敵のサーブをレシーブできず、負けてしまうというシチュエーションで
「田中のせいで負けた!!」
と竹下選手に徹底的に責められた夢だったのだが、起きたら枕は涙でベットベト。目もカピカピ。そしてなにより、あれだけ応援していた竹下選手が大嫌いになったというね…(遠い目)。こっちが勝手に見た夢なので、竹下選手にはなーんの罪もないのだが、こればっかりはもうどうしようもない。それからしばらく、試合で竹下選手を見るたびに
「けっ、私にあれだけ冷たい仕打ちをしておきながら」
と無駄に腹立ったという。我ながら心が狭い。

話を変えよう。みなさん、同じような夢を繰り返し見る、ということはありますでしょうか。
私は寝起き、トイレに行く夢を見る事が多いが、まあ、これは絶対トイレに行きたいという気持ちがウトウト期の脳内でビジュアル化されているだけの話であろう。
あともう一つ、これはなぜだろうか。高いところから落下する夢がやたら多い。しかも
「ぎゃー、落ちるーーーーッ!!!」
と地面すれすれのところで、どうにかフッとストップし、助かるというギリギリセーフな内容だ。
この「落ちそうで落ちない夢、落ちても怪我をしない夢」というのは
『あなたがは問題を抱えて悲観的になっていますが、あなたが思っているほど大きな問題ではないことを暗示しています。 ちょっとした発想の転換で簡単に回避できますので、視点を変えてみましょう。』
ということらしい。ひえー、あながち外れているとは言い難いっ。視点を変えてみますッ。

夢というのは、心の中に押し込めている感情のビジュアル化か、はたまた、脳内に蓄積された情報のカケラのパズルなのか。どういうメカニズムなんだろう? ホントに不思議。夢の映像を録画できる装置があったら絶対買うのになあ。
実は私が今生きていると思っているこの世界も夢で、私が寝た後、私が夢と思っている世界で、もう一人の私がイソイソ別の人生を楽しんでいるかもしれない。さらに、その私が寝て夢を見て、それを現実として生きている私がもう一人…ぐあーキリが無い!! 私が何人いれば気が済むねんっ。
せめて9時間睡眠の間に楽しい人生が繰り広げられていればいいのだけど。逆にとてつもなくショボカッたらどうしよう。いやいや、大丈夫。その私が寝て、次の夢を見て、その世界でスゴイ偉業を…ぐあーだからキリがないってば(汗)。

内容が全然「あるある」じゃなくなってた。とほほほ。暴走ッ。
 
 
 
-ヒビレポ 2014年5月29日号-

Share on Facebook

タグ: Written by