今朝はボニー・バック 第42回

bonnie

ローカル路線バス アナウンス広告巡りの旅②

 
ボニー・アイドル
(第11号で「原稿料よりバイト料が多くても、ぼくは断然ライターだ!」執筆)

 
 
 
アナウンス広告巡りの旅第2弾は、上石神井駅発、善福寺〜西荻北五丁目経由西荻窪駅北口行きのルート。バスの車内放送の音声を採取したのは今年3月。西荻窪駅の南側、松庵2丁目に住んでいた頃によく利用していたルートだ。
まずは、アナウンス広告がかかる停留所とお店の名前を紹介。前回同様、この時点での店名はカタカナ表記にしておく。

①次は、立野橋、立野橋。地元評判、手づくりパンのお店「フジノキ」はバス通り沿いにございます。
②次は、青梅街道営業所。「イチゲ接骨院」「イチゲデイサービス」「イチゲ診療所」前。
青梅街道営業所。楽しくプレイ。「関町ローンテニスクラブ・エムティージースクール」はこちらが便利です。
③次は、善福寺、善福寺。関東バス車内放送のご用命は「コウホウシャ」へどうぞ。年に1回の切り替え、12月15日開始です。
④次は、荻窪中学校。歯並びでお困りの方、「コバヤシ矯正歯科」は西荻窪駅北口徒歩1分です。ホームページ、k-kyosei.comをご覧ください。
⑤次は、善福寺郵便局前、善福寺郵便局前。屋根、外壁のビデオ診断、無料耐震診断実施中。「プロタイムズ総研」前。
⑥次は、善福寺一丁目、善福寺一丁目。健康への近道はこちらです。「ヒバリ整骨院」前。
⑦次は、西荻北五丁目。内科・胃腸科・肛門科の「シミズクリニック」はこちらでお降りください。
インプラント・矯正・小児歯科の「リョウデンタルオフィス」は西荻北三丁目バス停前にございます。
⑧次は、西荻北三丁目。テレビで紹介された安全牛肉、手づくりコロッケの「肉のニシジマ畜産」前。
西荻北三丁目。犬猫の診療、「コバリ獣医科病院」入口でございます。
⑨次は、西荻窪駅北口。漢方も取り扱っている「西荻ツカサビルクリニック」は西荻一番街にございます。
西荻窪駅北口。相続手続き、相続税は「杉並中野相続サポートセンター」。無料相談実施中。西荻窪駅北口下車1分。
⑩西荻窪駅北口。インプラント治療なら「タカダ歯科クリニック」へ。荻窪駅南口徒歩1分です。

アナウンス広告が放送された商店、企業は全部で13。
②青梅営業所前から④荻窪中学校の間には、善福寺、桃井第一小学校、井荻小学校入口、地蔵坂上の4つの停留所があるのだけれど、学童エリアで商店が少ないからなのか、区からのお知らせや乗車マナーを知らせる放送のみで広告はなかった。ただ、桃井第一小学校、井荻小学校入口に差し掛かると、いつもの女性の声ではなく、児童の声で交通安全を呼びかけるアナウンスが流れ、ちゃんと地域性というかムードというか、を考えているんだなあと感心。

また、④の荻窪中学校停留所前で流れた、関東バスの車内放送を制作している「コウホウシャ」の広告。
原則、この旅は実際にお店、会社の前を訪れてどんな営業をしているのか調査するよう自分に課しているのだけど、気になったので事前にネットで調べてみることに。
やはり、「弘報社」は今回のルート上ではなく、品川区の大崎に本社を置く広告代理店だった。バス、私鉄、JR、地下鉄などの交通広告に特化した事業を展開しており、中でもバスのアナウンス広告は業界シェア3位だという。いずれ、取材を申し込みたい会社である。

現地を訪れる旅は、7月5日の午後1時半に行った。小雨が降りしきる中、自転車でスタート地点である上石神井公園駅南口のバス停前に向かうと、運良く発車前の「西荻窪駅北口行き」のバスが!
なんせ、バスの停留所は事前に調べていたものの、それらがどこにあるのか、バスがどういうルートで経由するのかはまったく知らなかったので、格好の水先案内人の登場は心強かった。
 
01-
 
いよいよバスが発車。
駅から南に走る庚申通り商店街を進むと、千川通りと交わる交差点前に立野橋の停留所が見えてきた。が、最初にアナウンスされた「フジノキ」というパン屋が見当たらない。バスの追跡をあきらめ、商店街を戻ることバス停から300mほど手前に「Home Barkery 藤ノ木」発見。
広告のお店は停留所付近にあると思いがちだが、実際、放送がかかるのはバスが停留所を発車してすぐ。つまり、お店も停留所と停留所の間にあることが多いのである。肝に銘じなければ。
お店の写真を撮って旅を続けようとも思ったが、朝から何にも食べていなかったので「若大将のゆうゆう散歩」よろしく、買い食いを楽しむことに。店の軒下で「えびカツ」230円を食べる。
 
02
 
03
 
旅再開。千川通りから青梅街道へ向かって自転車を走らせていると、「関町ローンテニスクラブ・MTGスクール」の電柱広告が。いなげや駐車場前の小路を左折し、住宅地を抜けると5面のテニスコートを持つテニスクラブが目の前に飛び込んできた。
 
04
  
青梅街道に出て左折、青梅街道営業所バス停手前の反対車線側に「市毛接骨院」「市毛デイサービス」を発見。次のバス停である善福寺の手前に、今度は整形外科と大きく書かれた「市毛診療所」の看板を発見した。アナウンスされた青梅街道営業所のバス停からは300m以上も離れた場所にある。
 
05
 
06-
 
「接骨院、デイサービスと同じ医療法人なんだからイイじゃない」
「そうは言っても、実際の営業は2ヵ所ですかねえ」
ゴネる出稿主となだめすかす広告代理店のやり取りを想像しながら、青梅街道を上井草4丁目の交差点で右折し、桃井第四小学校、八幡橋、井荻小学校入口、地蔵坂上のアナウンス広告不毛地帯をひた走る。

女子大通りに入る。荻窪中学校のバス停前では「コバヤシ矯正歯科」の広告が流れたが、クリニックの場所は西荻窪駅北口徒歩1分とあったので、とりあえずここはスルー。
善福寺郵便局前のバス停からすぐのところに「プロタイムズ総研」を見つけたところで、雨は本降りから土砂降りに。
今回の全アナウンス広告の中で最も秀逸なコピー「健康への近道はこちらです」の「ひばり接骨院」を西荻窪駅へと伸びる北銀座通りa.k.a.北口バス通り沿いに発見。マンションの軒下を借りてしばし雨宿りする。
 
07
 
08
 
雨が止んできたので調査再開。
バスのルートが商店街に入ったので、自転車を降り、徒歩にする。
バス通り関根川の手前の路地を入ったところに「清水クリニック」を、西荻北三丁目のバス停目の前に「ミートショップ ニシジマ」(広告では「肉のニシジマ畜産」)を、その道を挟んで真向かいに「リョウデンタルオフィス」を発見した。リョウデンタルオフィスの広告は北五丁目でアナウンスされたのに、クリニックの場所は北三丁目。放送スペースの空きがなかったのだろうか。
雨で体力を消耗したので、ニシジマで「オクラのベーコン巻きコロッケ」70円と「ごぼうコロッケ」130円を買い食い。
 
09
 
10
 
11
 
12
 
荻窪中学校のバス停でアナウンスされた「小林矯正歯科」をりそな銀行の隣のビル2階に、「小張獣医科病院」をニシジマを左に曲がった路地に発見した。
 
13
 
14
 
いよいよこの旅も大詰めを迎える。場所を西荻窪駅北口を出て左に走る西荻一番街女子大通りに移し、旅本やサブカル本を数多くそろえている本屋「のまど」の上に「司ビルクリニック」を発見。「杉並・中野サポートセンター」は西荻に住んでいる頃しょっちゅう飲みに来た「戎」北口店の向いのビル地下1階にあった。
 
15-
 
16-
 
ここで西荻編は終わり。
旅の終わりは旅の始まりでもある。
今や「旅人」というドラクエの職業のような肩書きでチャリティ活動やら一杯千円以上もする卵かけご飯を売ってボロ儲けしている元サッカー選手の言うように、路線バスも終点=新たな路線への出発点である。
前回、終点の大泉学園駅から遥か遠い大泉学園町4丁目に隠れステージが用意されていたように、今回も最後にアナウンスされた「タカダ歯科クリニック」を見つけるまでは旅を終えるにはいかない。
荻窪駅南口から南西に伸びる仲通り商店街のちょうど真ん中ら辺に「高田歯科クリニック」はあった。
 
17
 
今回こそ、バスアナウンス広告の料金や費用対効果について、インプラントでも打たれながら院長から聞き出したかったのだけど、その時のぼくには体力もインプラントはおろか虫歯を抜く治療費もなかったのである。

(続く)
 
 
 
-ヒビレポ 2014年7月16日号-

Share on Facebook