振込が

郵便局と銀行で通帳に記帳したら、11名からの振込が。
みなさん素早いね、なんて思ったんだけど、
海のものとも山のものともつかぬ新媒体に1年分とはいえ4200円。
何らかの思いを感じずにはいられません。
心の底からありがたいっす。
しかし、事前にお金をいただいて(しかも1年分の)しまった以上は、
「レポ」4冊と「ちびレポ」8通を送付する義務があります。
おれは「きちんと」「破綻なく」「コンスタントに」物事を遂行するのが
苦手なんで、とたんに緊張してきました。
書き手としてはずいぶんスレッカラシになっちゃいましたが、
雑誌編集に関しては新入生ですから、いまも、これからも、
試行錯誤が続くに違いありません。そんなものは表に出さず
やっていくのがプロってもんかもしれないけど、おれはそういう
タイプじゃないんで、どしどし表にだしますわい。

今日は早速、受付関係のトラブルが1件。
購読申し込みをしたけど自動返信がきませんというものでした。
こちらでチェックすると返信したことになってて、変であります。
なので、電話しました。
「もしかして迷惑メール扱いになってるんじゃ」
「そっちには入ってないです。ゴミ箱にもない」
 振込先を口頭でいちおう伝え、自分のメアドで再度送ってみた。
届いたら返信下さいと書いて。
 でも返事がない。届いてないのだろう。これで、こちらのシステムのせいではない
可能性が高くなりましたが、理由はわからないまま。謎です。
今後もないとはいえない事態ですので、しばらく要警戒。

あとは、創刊号だけ予約できないかという問い合わせもいくつか。
これについては、慣れないうちい受付パターンを増やすと混乱を招きそうなので、
創刊が迫ってからにして欲しいと伝えました。創刊号を予約されても特典はつかないし、
いまじゃなくても許してもらえるだろうという判断であります。

Share on Facebook

Written by