歌謡な毎日を送っております。 最終回

苦しまぎれの年魔Ⅱ

 
田中稲(11号で「大阪から来た女」執筆)
 
 
 
 
さて、最終回なのですが。
ネタは尽き、締切は迫り…。
いやもう、ヒビレポには何度も参加している私ですが、
今回ほど編集のヒラカツさんに
「すすすすいません、もう少し待ってください!」
というメールを送った事はないです…。
で、今回も何を書こう何を書こう、最終回にふさわしいものを!と粘りに粘っている訳ですが、最終回にふさわしいネタが見つからない(号泣)。
ということで。題名だけはちょっと凝ったものを、と聖飢魔IIみたいな表記にしたのですが、無駄なあがきだったことはもう私が一番よく分かってるので言わないで言わないで。。

話を変えましょう。紅白ネタの続報がガンガンニュースで流れてきてますねー(コロッ)。
今回の出場者を見た時は正直オイオイオイ紅白ももう末期症状じゃねーか!とガックリきたもんですが(「(10)紅白よ君は変わってしまった」をご覧ください)、続報を見ても、なにやら摩訶不思議な状態になっております。

以下、まとめてみました。

● 松田聖子が大トリ…いや確かに歌謡界の歴史を変えた歌姫だとは思うけどなぜ今思い出したかのように…?
● 昨年卒業宣言をしたサブちゃんになぜか今年も出演依頼…「特別枠」として、自宅からの中継でどうでっか的なオファーを出していたというが、軽すぎやしねーか?「特別枠」なんか作るからややこしくなるんだよっ!
● 出演者全員でレリゴー歌唱…イディナ・メンゼルがニューヨークから「レット・イット・ゴー」を英語で披露して、その後紅白出場者全員で、日本語詞バージョンの「レット・イット・ゴー」を合唱する予定なんだとか。May.Jの立場も考えてやって。初出場なのに〜(泣)。
● 審査員が無駄に豪華…タモリ・黒柳徹子揃い踏み!! 尾上松也はちょっと早すぎやしないか
● 明菜が録画出演するかも…いやもうムチャクチャ嬉しいんだけど今年の紅白は紅組ばっかり力入ってる感じがしないでもない
● 長渕は新曲披露…本当はファンの間で名曲と名高い、アルバム「JEEP」の収録曲「Myself」を歌うはずだったらしい。それが突然「いい曲できたからそっち歌う!」と長渕がワガママ言って急きょ変更。「あきらめないで!」と長渕が叫ぶという、真矢みきさんの茶のしずく感漂う楽曲らしい
● 「花子とアン」企画コーナーあり…審査員には蓮子様(仲間由紀恵)もいるしなあ。盛り上がること間違いないが、「ごちそうさん」も入れたげてー!

「面白くなさそう」と思いつつも、なんだかんだとトラブル含め楽しみになってくる紅白歌合戦。
特に長渕は何かやってくれそうな気がします…(滝汗)。


 
さてさて、ここからが本題。
前回・前々回「2014年のニュース総決算」をしてみたのですが、エンタメネタが中途半端にしか入ってなくて、改めて2014年のエンタメヒットを振り返ろうかとッ。
 
日経エンタ

そのためにコレ買いましたよ。「日経エンタテインメント」。2014年ヒット番付ね。
助かる〜、こういう一冊にデータがまとまってるのって。

 
皆さんは今年何にときめいたでしょうか。
ランキングにときめいたもの、入ってますか?
ではでは、映画・本・人・ドラマ・歌などザッとベスト5を見ていきませう!

【ドラマ】
1位:花子とアン…仲間由紀恵がマジでKireiな5秒前(すいませんコメントが…)
2位:ごちそうさん…キムラ緑子さんのいじめ芸に全嫁姑小姑が燃えた
3位:ドクターX…「私失敗しないので!」いっぺん言ってみてぇ(遠い目)
4位:HERO…スイマセン絶対当たらないと思ってました
5位:マッサン…現在私の周りではこじらせ男子マッサンより鴨井さんの方が人気が上
※私が個人的にツボって毎回キュン死に(←死語ですか)しそうになった「きょうは会社休みます。」は8位でした。いやー、綾瀬はるか、玉木宏を選ぶべきだったぞ!

【本】
1位:長生きしたきゃふくらはぎをもみなさい(アスコム/槙孝子)…よくよく考えると「長生きしたきゃ」ってスゴイ言われよう
2位:学年ビリのギャルが一年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話(KADOKAWA/坪田信貴)…題名で最初にあらすじを説明しておいて内容に誘う成功例
3位:銀翼のイカロス(ダイヤモンド社/池井戸潤)…言わずと知れた半沢直樹シリーズ
4位:人生はニャンとかなる!明日に幸福を招く68の方法(水野敬也・長沼直樹/文響社)…題名を見ただけで「ニャンとかならねーよ!」とムカついた私はかなり心が荒んでいるのか
5位:村上海賊の娘 上(和田竜/新潮社)…本屋大賞うらやますぃ
※ちなみに文庫のランキング1位は今話題の百田尚樹さん「永遠の0」。あの人は来年どうなるんでしょう

【映画】
1位:アナと雪の女王…映画館で2回見てカラオケでありのままにーと歌いまくった私も間違いなくアナ雪族
2位:永遠の0…特攻隊モノは見る前に心構えというか気持ちの準備がいるような気がします
3位:STAND BY ME ドラえもん…ドラえもんを3D化する意味が全く分からない
4位:マレフィセント…めいっこと一緒に行くと言いながら予定があわず、シビレをきらしためいっこがサッサと一人で行ってしまいショックを受けた苦い思い出
5位:るろうに剣心/京都大火編…予告で見てあまりのアクションの早さに酔い気分が悪くなった三半規管の弱い私
※「なぜ今さらこれを映画化??」と仰天した「ホットロード」は17位でした

【人】(日経エンタテインメントに載っている話題の人を田中が個人的にピックアップ)
●坂上忍…嫌われるのを覚悟で言いたいことを言う=正論に聞こえるという毒舌マジック!
●日本エレキテル連合…知ったのは最近です。お笑いって一気に来るよね
●錦織圭…農耕民族が狩猟民族にスポーツで勝つって本当に凄いと思うの
●橋本環奈…「1000年に一度のアイドル」らしい。確かに噂になった写真は完璧だった
●ざわちん…「ものまねメイク」!まだまだいろんなジャンルがあるもんだと感心させられた
※アイドル大好きの私が全くノーマークの「BABYMETAL」が大人気。今からでもチェックすべきか

…とまあ、いろいろ振り返ってみましたが。
私が一番物申したいのは「歌」ですよ。「歌」!!
ちょっと見てちょーだい、シングル年間売り上げランキングをッ!!!

1位:AKB48「ラブラドール・レトリバー」
2位:嵐「GUTS!」
3位:嵐「bittersweet」
4位:嵐「誰も知らない」
5位:関ジャニ∞「キングオブ男!」

うわあああああ(大汗)。
なにこれ。全然知らない。うわあああああ!!
しかも、20位までぜーんぶジャニーズ軍団と乃木坂46。コーッ!(←言葉にならない叫び)
いやちょっと待て。多分「シングル売上」を見るから偏るのだ。握手会券とか関係してくるのかもしれないし。ということで、iTUNEダウンロードをチェック。

1位:松たか子「レット・イット・ゴー 〜ありのままで」
2位:ワン・ダイレクション「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」
3位:秦基博「ひまわりの約束」
4位:西野カナ「Darling」
5位:ファレル・ウィリアムス「ハッピー」

うわあああああ(大汗)。
なにこれ。1位しかわかんない。うわあああああ!!
なんだ、結局私が流行ソングに疎くなっているだけなのか。そうなのか。
愕然とした2014年暮れでございました…。がっくり。

個人的に一番今年ワクワクさせてもらったのはアイドルの「スマイレージ」ですね。
ファンになった途端改名しちゃったけど。
…って、みんな、ついてこーいッ。

ぜーはーぜーはー。おあとがよろしいようで。
今年もほんとうにありがとうございました。
2015年、良い年になりますようにッ!なむなむっ。
終わりの写真は、今年初めて行った伊勢神宮にて、と言いたいところですが伊勢の駅。
楽しいと写真を撮るのを忘れるクセがある私。
スマホには駅の写真しか写っておりませんでした…。
ちょっとでもお伊勢さんの空気が届きますように(届くかーい!!)
 
伊勢
 
 
 
-ヒビレポ 2014年12月30日号-

Share on Facebook

タグ: Written by