季刊レポ10号:ラジオはナマ臭い



【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】

ラジオのおもしろさって、何?
それは、ナマ感のやり取りだろう、とレポは考えたんですよ。
言葉を扱うのだから、媒体として活字と似ていなくもないが、
決定的な違いは、生放送という形態でしょう。
では、生放送のおもしろさとは奈辺にありや。
そんなわけで、取り揃えましたる執筆者。
番組をつくり送り出してきた放送局社員、番組を構成する放送作家、
リスナーに語りかけるパーソナリティ、そして出演者。
生放送の現場はどうなっておるのかをお伝えしましょう。
いやはや、ラジオはナマ臭い。

イラスト:後藤グミ

私は生放送族 TBSラジオ 村沢青子

入社以来ずっと生放送の現場に携わってきた村沢青子。何を考え、誰を思い、現場を仕切ってきたのか。そして、彼女が遭遇したナマならではの数々のエピソードとは。

放送作家というお仕事 オカヒデキ

放送作家っていったい何を仕事としているのか。知っているようで、その実よくわかっていませんなあ。そこのところを教えてもらいましょう。台本の解説ありで、なるほど!です。

活字とラジオ(とテレビ)はこんな感じに違う えのきどいちろう

コラムニストえのきどいちろうは、同時にラジオパーソナリティでもある。どちらも言葉を扱う商売なのだが、ラジオと原稿書きはぜんぜん違う、という。その違いは何なのか。

福島の今を伝え続ける ラジオ福島 大和田新

第5号で、3.11直後の状況を寄稿してくれたラジオ福島の大和田新が再び登場。東日本大震災・東京電力福島第一原発事故から1年半を経た福島の状況をレポートしてくれた。

ラジオいきなり出演騒動記 ~突然にもほどがあるオオサカ・レイディオの実態~ 田中 稲

シロウトが生番組に出演するってどんな感じ? そりゃ緊張するでしょう。言いたいことは山ほどあるが、はたしてうまくしゃべれるのか。突然の出演者となった田中稲がその顛末を記す。

マムシが来る! 北尾トロ

毒蝮三太夫。TBSラジオの長寿番組「ミュージック・プレゼント」のパーソナリティである。各地を訪れての生中継はたいへんな盛り上がりだ。収録現場はどんな雰囲気なんだろう、これは行ってみなければならん、とトロは向かった。


レポ賞改め、犬宅賞改め、第1回 笑う本棚大賞が決まりました
沢田佳久さん「醤油鯛」

オモロおかしいノンフィクション作品に賞を授けたい! 本誌8号で大々的に打ち上げた賞の創設。第1回の授賞作が決定しました。沢田佳久さん「醤油鯛」(アストラ)です!そして、賞の名前も正式決定。「笑う本棚大賞」です。

広島原爆ドーム前に出来たアトム書房 山下陽光

終戦直後、広島・原爆ドームのすぐ近くに一軒の古本屋があった。その名をアトム書房という。1年前、偶然この書店のことを知った山下陽光は、広島に繁く通い調べ続けてきた。その報告である。取材はまだ続いている。

新連載 オツハタのレッツ! アングラ・クラフト
第1回 ジンジャークッキーで四十八手 乙幡啓子

オツハタが帰ってきた! とんでもないネタを引っさげて! 「クラフト」と聞けばステキなマダムなんて印象なのだが、アングラ。どういうこと? まず手がけたのは四十八手だ。相撲じゃありませんからね。あちらのほうです。

団地人 アカバネングラフィティ・激場版
エピソード8 ~さらにスター千夜一夜 霞 流一

赤羽台団地とスターたちの物語は今回も続く。スポ根TVドラマ「柔道一直線」のロケはアカバネで行われていたのである。その影響や大。霞少年たちはロケ現場に馳せ参じるばかりではなく、自らも柔道を習いはじめた。

ふつうのじんせい S荘の人々 グレゴリ青山

○年前、新婚生活を始めたグレゴリさん。そのとき暮らした東京はS荘でのお話。ここにはなんとも濃いキャラクターの方々が住まわれていた。日々これいろいろなことが起こり、そして巻き込まれているのです。味わい深いマンガレポ。

美学直送! 三浦半島に息づくデコトラの煌めき 檀原照和

最近、あまり見かけませんよね、デコトラ。荷台に和テイストの絵が踊り、ビカビカに装飾されたトラックですよ。まだいるのかしらと調べはじめた檀原が行き着いた先は、神奈川県の三浦半島だった。

東の姉、西の妹 あきやま みみこ╳まつもと みみり

おにぎりとおむすび。同じものでしょ。じゃ、なぜ呼び方が違うのか。はてさて。みみこ・みみり姉妹、今回の調査ミッションはこれだ。東と西でどう違うのか。

イタリア人マリオとのステキな恋 本間のりこ

本誌初登場。イタリア在住の本間のりこから届いたレポは恋の物語。「ローマの恋」? いえいえ、恋人同士でロンドン旅行したお話です。といっても、可憐だったり濃厚だったりはしないんだなあ。イタリア人ってこれが普通なの?

北千住大喜利ハウス めるし

舞台は下町情緒を残す東京・北千住のシェアハウスが舞台のマンガ。住人の一人ながたさんは、趣味人で大の料理好き。いつも大喜利ハウスのみんなはご相伴にあずかっているのだが……。

晴れたら空に骨撒いて ~ある旅の記録~ 後編 川内有緒

共に暮らしてきた伴侶をどう弔うか。畠中さんはおつれあいの遺骨を携え、想い出の地や、友人が暮らす地を訪ね、世界中を旅した。そして散骨した。少しずつ、少しずつ。胸に染みこむ作品、後編である。

東京の洞窟にコウモリを探しに行きました。 ばさばさ生物紀行 日高トモキチ

秘密兵器「バットディテクター」を手に入れたイトケン君に誘われて、洞窟めぐりの旅に出た。コウモリを見に行くのだ。コウモリの発する超音波をキャッチして居場所を教えてくれる秘密兵器の威力はいかほどだったのか。

新宿の穴 第5回 ~新宿区の果てを歩いてみた~ 下関マグロ

新宿区の北端を東西に流れる川がある。豊島区や文京区との区境である。その遊歩道を歩いてみたら、下関マグロは不思議なことに気がついた。さて、それは。

レポTV 北尾トロアワー TVといいつつ、ラジオのように。 木村カナ

毎週火曜21時オンエアのレポTV。どんな人たちが、どんな状況で視聴してくれているのか知りたいなあ。というわけでアンケートを実施。その結果、見えてきたウォッチャー・リスナーの姿とは。

Mの東京時間 第9回 「渋谷」から消えた人たち 森脇みきお

岸上大作。歌人。寺山修司を批判し、六〇年安保デモに参加し、将来を期待されながら、自死。享年二十一。そして若き日のMが出会った自信たっぷりの女。かつて渋谷におり、そして消えていった人たちだ。

料理入門 やまだないと

作ってみたら、おいしい! とレポ読者に大評判。さて、今号のレシピは何でしょう。美味な連載4コマ漫画。

あけすけなる「レポ」の記録5 北尾トロ

編集長本人にしかできない「季刊レポ」の赤裸々な告白。2012年も暮れようとしています。レポ創刊からのこの2年で、どうやら育ってきたものがあるようだ。


【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】

Share on Facebook