松本⇄東京ふんふん日記 第22回 12.11-12.14 東京滞在

季刊レポ10号が完成した。特集は『ラジオはナマ臭い』で、山田→レポ賞→山田という流れに新たな展開が加わった。

11日は発送作業をして、大勢の人に手伝ってもらう。終わってレポTV収録→忘年会に突入。去年も使わせてもらった「ぷあん」の2階に25人くらい集まった。こうなると誰かが座の中心になるなんてこともなく、てんでばらばらに話の輪が発生。あっちで酔っぱらいが泣いているかと思えばこっちでは名刺交換が行われ、向こうじゃ大笑いしている。それはそれは楽しい光景だ。

にしても、騒々しいのは確かで、だから終わってから駅に向かう途中で平松洋子さんが「静かな店で一杯だけ呑んでいかない?」というのは実に納得できたのだが、その2次会に8名も残ってちっとも静かじゃなかったのは申し訳なかった。2時解散。ヨシオカ、結局事務所に泊まる。

 

12日以降は連載締め切りで手一杯。少しでも時間があくと昼寝していた。なんだかんだ疲れ気味であるらしい。まあ、ぼくは隙あらば寝るから意外に風邪とかひかないんだが。

14日、終わらない仕事を抱えて松本へ。

いつも乗ってる松本電鉄。

Share on Facebook