あなたの知らないSMイベントの世界 第3回

トウキョウ ハシタナイト 2012年12月19日@新宿・ロフトプラスワン vol.3

 

早川 舞(第8号まで「その時歴史が鞭打たれた」を連載)

 

 有名SMイベントを数回に分けてレポートするこのコーナー、まだまだ「トウキョウ ハシタナイト」が続きます。今回はvol.3です。
「単なるSMイベントではなくアングラ宴会」というのが、主催者のTAIZOさんの目指すところ。今回はその呼び名に恥じないカッ飛んだ出演者が続々登場です。

 まずはバンドの登場。和装の3ピースバンド、極悪いちご団です。歌の内容はなんかやたらおっぱいだの乳だのが耳につくものの、さわやかポップな感じ。彼らはモテるほうの変態だと思います(もちろんモテない変態もいます)。
 


 
 演奏がメチャクチャうまかったのですが、ギターボーカルの阿仁胃さんがMCでもひたすらおっぱいのことばかり話していたのが、なんかこう、印象的すぎて……。MCの使い方を間違えていないか。
 
 
 いちばん最初のダンスパフォーマンスに出演した愛子さんと交友関係があるそうで、愛子さんをテーマにした歌も披露。
 
 
 同じ舞台に上がった寧々さんも登場。一気に華やかな舞台に。

 続いてはメンズストリップです。メンズストリップって何? という方のために説明しますと、普通のストリップは女性が脱ぎますね。メンズストリップは男性が脱ぎます、以上。
 踊ってくれたのはN-stageというメンズストリップ団体に所属する中山幸一さん。N-stageはもともとはゲイの方のみを対象にしていましたが、現在では女性も入場できるようになっています。
 
 
 軽快なリズムの音楽に乗って登場。一見すると普通のダンスですが、しばらくすると、
 
 
 こんな姿に……でも、まだまだ続きますよ!
 
 
 上半身も。しかし、さすがストリッパー。脱ぐ手際がすばらしい。焦らしつつも、しかし脱ぐときにはスパっと脱ぐ。
 
 
 開催日はクリスマス直前だったので、最後はクリスマスバージョンの衣装で歌いながらダンス。
 
 まだまだいきますよー。
 今度は「西の極悪」こと、上条早樹さんの緊縛ショー。関西を拠点に活動している女流縄師さんです。
 眼帯に和服とオンナ女衒風の装いで登場し、モデルさんの真っ白な着物を脱がせて縛り始めます。
 
 
 早樹さんの緊縛の特徴のひとつは早縛り。とにかく手際とテンポがよく、見入ってしまいます。
 
 
 あっという間に上半身を縛り上げられてしまったモデルさん。下半身はふんどしですよ! 女子のふんどし!
 
 
 片足を上げられ、つらそうな表情を浮かべるモデルさん。徐々にクライマックスへと近づいていきます。
 
 
 完全に吊り上げてしまうと、羽織っていた着物を脱ぎ、ボンデージ姿に。バチン! バチーン! と小気味よくバラムチの音が響きます。

 次回はいよいよトウキョウ ハシタナイトレポート最終回。どんな出演者が出てくるでしょうか。ご期待下さいませ。
 
 
 
トウキョウ ハシタナイト http://mixi.jp/view_community.pl?id=5882151
※次回の開催は2月26日です。
 
TAIZO ツイッター https://twitter.com/TAIZO226
ロフトプラスワン http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/
 
 
 
 
-ヒビレポ 2013年1月17日号-

Share on Facebook

タグ: Written by