中川彰作品展「バウルをさがして」

バウルを探して『季刊レポ』執筆者の川内有緒さんの2月新刊『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)とも密接につながる写真展のお知らせです。

中川彰作品展「バウルをさがして」

【東京】会期:2013年1月23日~28日12:00~20:00
プレオープンパーティ22日18時~20時
場所:ギャラリーJing 渋谷区神宮前5−45−5

【京都】日時: 2月8日(金)~13日(水) 12:00~20:00
9日 17:30-20:00 パーティ&ライブ
Acoustic One (Mi-I,Fumit,Pretty) Shandi-I Acoustic Live
場所: VOX SQUARE

http://www.axira.info/Home.html

※川内さんの新刊が、26日~28日の3日間のみ、表参道の展覧会場にて、30冊限定で先行発売されるとのことです。

川内有緒『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』
幻冬舎 2月14日発刊予定 1500円+税

バングラデシュには、楽器ひとつを抱えて放浪生活を送る、「バウル」と呼ばれる人々がいるらしい。一切の社会階級や宗教に属さない彼らは「幻の吟遊詩人」とも呼ばれ、ユネスコの無形文化遺産にも指定されているものの、その実体は謎に包まれたまま。彼らが1脈々と歌い継いでいる歌には、「バウル」独自の教えが暗号のように隠されているというが・・・・・・。アジア最貧国バングラデシュに飛び込み、「バウル」を追いかけた旅の記録。

Share on Facebook