あなたの知らないSMイベントの世界 第7回


Department-H 2013 年1月5日@鶯谷・東京キネマ倶楽部 vol.3

 
早川 舞(第8号まで「その時歴史が鞭打たれた」を連載)
 
 
 

 SMやアングラ関係のイベントレポートをお送りする毎週木曜日のヒビレポ。
 アングライベントの老舗的存在「Department-H」のレポートも第3回になりました。
 今回はみんな大好き!(ですよね?)ストリップと、Department-H出場年数最長の脱力バンドのレポートです。
 それではどうぞー。

 ストリップを披露してくれたのは栗鳥巣(くり・とりす)さん。名前もすごいですね〜。
 自吊り(縛り→吊りを本人一人で行なう)や時事ネタストリップ、母乳ストリップと多芸な踊り子さんです。

 しかしまー、ハダカの威力(笑)はすごい! たぶんこのときが、ステージまわりにお客さんがいちばん集まったのではないかと思います。

 
 
ステージ用のキラキラ光る着物で登場。写真ではわかりづらいかもしれませんが、小柄なかわいらしい方です。「しな」をつくる様子が色っぽい!

 
 
着物といったらお約束の(なんていったら着物愛好家の方に怒られそうですが)「あ〜れ〜」を、お客さんを巻きこんで。

 
 
くるくるくる〜っとまわってついに舞台の奥まで。浮かべる笑みが不敵なものに変わりました。これからが本領発揮です。

 
 
着物を脱いだ下には赤い長襦袢。さらにこの長襦袢も脱いで……続きは刺激が強いので掲載しません(笑)。気になる方は彼女の出演回を狙ってDepartment-Hに足を運んでみてください。

 ここでショーはいったんお休み。一般参加者をステージに上げての、「告知コーナー」の時間です。おのおのが開催するイベントや創作物・販売物を紹介するのがメインかな。ジャンルはSMやフェチ、女装関連が主です。
 こちらの写真は掲載しません。何しろ50人ぐらいが一気にステージに上がって、順番に前に出て発表していくスタイルなので、誰が顔出しOKで誰がNGなのかわからないんですよ……。

 告知コーナーが終わった後は、トリであるバンド「情念」です。私が初めてこのイベントに行ったときからずっと出演しているので、もう10年以上のキャリアがあることになります。すごいなー。あ、私の年がばれますね。
 この頃には時間も4時前後になり、みんなそろそろ疲れてまったりし始めるのですが、そのまったり感にピッタリのユル〜いバンドです。
 まぁ、まずは画像をご覧ください。

 
 
なんか、伝わってきませんか? ユル〜っとした感じが。ボーカルの方は歌っているというよりは読み上げているような歌い方。手に持っているのはアレです、うんちです。

 
 
MCも脱力気味です。頭につけているのはワニ。なんか獅子舞みたいにも見えますね。めでたい……のかなぁ。

 
 
曲に合わせて持つアイテムを変えることも。このときは軍配です。後ろのコーラス隊の、終始無表情なダンス&コーラスも見ものです。

 かくして2013年1回目のDepartment-Hは幕を閉じたわけですが、いやいや、まだまだあるんですよ紹介したいことが!
 出演者に負けず劣らず来場者もド派手なのがDepartment-H。ド派手な衣装で来場した方にはドレスコード割引もあるぐらいです。
 次回はそんな来場者の方たちや、会場内に出展しているユニークなブースをご紹介しましょう。

 
 
 ちなみにこちらは、来場者じゃありませんがドラァグクィーンの方。会場に入ってすぐのガラスケースに収まっておられました。このぐらい、インパクトの強い方ばかりです。

 
 

Department-H
毎週第1土曜日 夜12時〜
http://department-h.com/about
http://ameblo.jp/department-h/
 
鶯谷東京キネマ倶楽部http://www.kinema.jp
03-3874-7988
¥5000/ ¥4500フライヤー持参/ ¥3000ドレスコード
飲食持込自由。会場内でアルコール類の販売はしておりません。男女更衣室有り。

 
 

-ヒビレポ 2013年2月14日号-

Share on Facebook

タグ: Written by