季刊レポ 2号 2010 winter



【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】

裁判員に選ばれた僕 前編 オカヒデキ

    昨年から始まった裁判員裁判。裁判員に選任された本人のレポを、全メディアの先陣を切って「レポ」が掲載しましょう! 突然ひとを裁くことになってしまった「僕」の2週間はどうだったのか。

国連で働いてみました! 後編 川内有緒

    国連という職場。世界中のエリートが集まり、さぞかし崇高な雰囲気で職務が遂行されているはず。と思いきや、なんてハチャメチャな職場なんだ。働いてみなければわからなかった国連職員の人間図鑑。

尿ボトルとコンドーム ~ぼくの「治験」変遷記~ カルロス矢吹

    新薬の効き目や副作用を確認するための「人体実験」が治験である。アルバイトとしてはかなり率のよいものらしい。でもその実態はどうなの? 次々に治験を重ねてきた著者がつたえる悲喜こもごも。

そのとき歴史が鞭打たれた 第2回 進駐軍と『風俗奇譚』 早川舞

    昭和から平成へ。現在のSMを確立した伝説の3大マゾ男性を徹底取材。戦後日本のSM史が陽の下に明らかにされる。敗戦後の東京、進駐軍の将校宅で何があったのか。

サンフラン寿司コ 写真帖 第1回 濱津和貴

    サンフランシスコに根を張った日本人寿司職人たちの連作ポートレート。19歳でえいやっ! と海を渡った著者が、彼の地で撮りためたものだ。自らの暮らしをふり返りつつ紹介する。

『マンガ読みます』 ――東方力丸 島田十万

    東京は下北沢、夜の路上でマンガを朗読する男がいる。彼の名は東方力丸。マンガを読むことを生業としているというのだが、それでどのように暮らしているのだろうか。

東京の空にむささびを追う。 ふわふわ生物紀行 日高トモキチ

    昔から妖怪変化とみられてきた空飛ぶ獣、むささび。どっこい今でも東京の空を飛んでいる。さっそく画伯は現場へ飛んだ。アカデミックにも貴重な写真が撮影されたのである。

アカバネ倶楽部は世紀を越えて。 後編 霞流一

    中学時代からの親友たちが、年に1度、一夜を通しての推理合戦を繰り広げる。推理されるものとは、その年いちばんの女。ふざけている? いいや、とてつもなく緊迫した空気が、その場を覆い尽くすのである。

オツ研!オツハタ研究室季録 第2回 シリコーンの驚愕の感触、そして福耳 乙幡啓子

    身体の欠損部を補う医療用具「エピテーゼ」。それは、たとえば本物以上に本物らしい指だったりする。専門クリニックの工房を訪れた妄想工作家オツハタが作ったモノは……。

ある日うっかりPTA 第1回 杉江松恋

    別になろうと思っていたわけではないのに、仰せつかったPTA会長。じゃ、やってやろうじゃないの、と始まったPTA会長ライフ。そこにあったのは、知ってるようで知らない世界だった。

Mの東京時間 第1回 「星の王子さま」はいるの? 森脇みきお

    1968年の東京。上京少年は何を見、何を知り、何を感じたのか。連載第1回。そこにいたのは、カルメン・マキだった。40年前と現在の東京が錯綜する。

ふつうの旅行 第2回 石切神社 グレゴリ青山

    連載マンガ。アジア各地をぶらぶらする達人グレゴリさん。今回は、友人レーコちゃんと大阪の石切神社を訪れたのだが……。

ついこないだの話 第2回 へび娘の青春 えのきどいちろう

    ある時期、その人にとって寝食を忘れるほど大事だったものなのに、その後の人生には何の役にも立っていない。あれは一体なんだったのか。ついこないだのことなのに。で、そもそも「へび娘」って?

やれといわれれば、やりますが 第1回 行列篇 豊﨑由美

    ライター・トヨザキが、自らにやりたくないことをやれ! と命令。やるか? やるのか? やれるのか? まずは、行列嫌いを何とかしてやる、と街に繰り出した。

行列ノート~ならびながら考えてみた~ 第1回 下関マグロ

    原稿執筆は行列に並んでいる最中のみ。そんな枷を自らに課して、これはと思う行列に並びながら、ペンを走らせる。立ち書きだ。行列者の生レポである。

歌え、声高らかに! フォーエバー うたごえ喫茶 和田靜香

    うたごえ喫茶がブームなのだとか。いい大人が昼間から歌っているらしい。なぜ今みんなで歌うのか。それそれ、と出かけてみれば、摩訶不思議な光景が繰り広げられていた。

料理入門 やまだないと

    作ってみたら、おいしい! とレポ読者に大評判。さて、今号のレシピは何でしょう。美味な4コマ漫画。

行き倒れ三十六景 ――行旅死亡人の世界―― 北尾トロ

    日々「官報」に掲載される行旅死亡人。膨大な数の身元不明の死人が告知されているのである。淡々と記される発見時の状況に、想像をかき立てられた著者は、よりすぐらずにはおれなかった。


【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】

Share on Facebook

Written by