北朝鮮ポップスの調べ 第11回


北朝鮮のストリートミュージシャンは何を歌うのか

 
カルロス矢吹
(第11号で「あれはもう、北朝鮮です!」執筆)
 
 
 
アンドル・ジュン(以下:ジュン)「今回、ちょっと曲じゃなくて写真の紹介になっちゃうんですけど、これみてもらっていいですか」
 
 
 
 

 
撮影:アンドル・ジュン
 
 

カルロス矢吹(以下:カ)「これは、道でギター弾いて歌ってるんですか?」
 

 

ジュン「はい。北朝鮮のストリートミュージシャンです。まだ高校生くらいで若いんですけど、自作の歌を歌っていました」

カ「へー! どんな歌詞だったんですか? ラブソング?」

ジュン「いや、歌詞は体制賛美でしたね」

カ「あ、そこはそうなんですね」

ジュン「うん。ただ、歌詞よりメロディの方が面白くて、曲が完全にミスチルなんですよ。ミスチルを歌っている訳ではないんですけど、ミスチルみたいな曲になってて。この辺りのメンタリティって同じなんだなぁ、と思ったんですよね」

カ「なるほどー。あの、ミスチルが北朝鮮に流れている可能性、ってのはあるんでしょうか?」

ジュン「それはあると思いますよ。中国から入ってきたり、韓国から入ってきたり。J−POPが中に入っている可能性は十分ありますね。ただ、これは聞いた話なんですけど、K−POPを流布するのは犯罪らしいんですよ」

カ「えぇぇ!!?」

ジュン「入っては来ていて、私が行った時も、明らかに携帯の着信がK−POPの人を見かけたことがあって。一緒にいた人に『あれK−POPじゃなかった?』って聞いたら『えー、知らなーい』みたいにシラを切られて」

カ「それで捕まっちゃうんですか?」

ジュン「あ、いやいや、仮にそれがK−POPだったとしても、それで捕まることは流石にないんですよ。K−POPを販売したりして、流通させることがよくないんですよね」

カ「あー、なるほどね。ちなみに、歌詞の話に戻ってしまうんですけれど、北朝鮮での『放送禁止歌』にあたる歌詞って、どんなものなんでしょうか一応知っておきたくて」

ジュン「体制批判は、まずダメで。後は、エログロ系もダメですね」

カ「うんうん」

ジュン「他にも・・・、細かいことであるかもしれないんですけど、ちょっとそれ以外はわからないですね」

カ「なるほどね。でも、体制批判とエログロがダメ、ってだけ聞くと、他の国もあんまり大差ないですね(笑)」

 
 
 
 
-ヒビレポ 2013年6月21日号-

Share on Facebook