一箱古本市と文学フリマ

一箱古本市での編集長北尾トロ、島袋寛之、えのきどいちろう(右から)

文学フリマでの編集長北尾トロと編集部木村カナ
ゴールデンウィークはいかがでしたか?
レポは、4月28日の連休初日は「第14回不忍ブックストリートの一箱古本市」、
5月6日の連休最終日は「第14回文学フリマ」、それぞれのイベントに参加してきましたよ。
黄金週間の初日と最終日、両端を押さえたブックエンド行商ですな。
一箱古本市では、えのきどいちろうと島袋寛之、
文学フリマでは日高トモキチの執筆者たちが店番をつとめてくれました。
もちろん、編集長北尾トロと編集部員もね。
で、
みなさんに買っていただきましたよ、レポ。
どうもありがとうございました。
文学フリマでは、レポの売上冊数はイベント販売での過去最高を記録。
いやあ、うれしかった。
さらに、定期購読してくださってる読者から、
郵便切手、商品券、図書カードをいただきました。
わざわざ手渡していただき、編集部一同うれし涙です。
感謝です。
また次のイベントでお会いしましょう!
Share on Facebook