昭和歌謡宅急便 紅白バンザイ特別編 最終回

蛍の光窓の雪

 
田中稲(11号で「大阪から来た女」執筆)
 
 
 
 
ついに。ついに紅白を応援し続けて13週!!
最終回ですね。
気分としては、紅白の終盤と同じく平尾昌晃さんにリボン付指揮棒を振ってもらい
「♪ほーたーるのひーかーありぃ〜♪」
と歌いたい気分ですッ。

さてさて。この連載で、1つ私が大きな計算間違いを犯していたのが、2週間の誤差(号泣)。
原稿を書いて、それがアップされるのが2週間後なのですよね。
ということで、紅白出場歌手発表やら、観覧のハガキ当選か落選かのご報告やらが
2週間ズレ、読んでいる人の中には
「遅いッ、今頃なに言っとんじゃい!」
とツッコみを入れた方も多かったのではないでしょうか。
いやもう申し訳ない。と同時に、読んでいただけてサンキューウッ!(←なぜかいきなり堀内孝雄モード)
そして、最終回にふさわしい画像がここにッ。
届きましたで(12月9日!)第64回 NHK紅白歌合戦、抽選の結果が!!
 

 

 
はい、落選。えーん!
 
 
まあいいだす。前回も書いたが、今年は応募総数1,427,153通、当選枚数 1,330枚。
選ばれるのは1073分の1の確率なのである。
商店街のクジすら、ポケットティシュもしくはフルーツ飴コースの私がこんな倍率で当たってごらんなさい!
一生分の運を使い果たし、ヨボヨボのお年寄りになったとき
「紅白観覧……あの頃が人生で一番楽しかったハあぁぁぁ」
とかスキッ歯から息を吐き出し悲しく思い出す運命になりそうではないか。
よかったのよ、よかったのよ、ハズレで(←必死に言い聞かせ涙をぬぐう)。
ちなみに私の応募番号は「100620」。はっはっは。これまた中途半端なー(号泣)。
落選のごあいさつ文、印刷ではありますが、とっても丁寧↓。
 
 

 
 
「ご要望に応えられず申し訳ありませんッ。しかも応募数がむっちゃ多かったんであて名の敬称を省略しちゃったのも本当に申し訳ありませんッ! 当選ハガキの人はオークションとかに出品しないでよッ」
という内容が添えられており、うーむさすが、国営放送!と唸ってしまったわ。
ハガキを通してご支援をお願いされたので、今年もガン見させていただくとしよう。

さてさて、今回必死の13回でしたが、紅白の楽しさがちびっとでも伝わりましたでしょうか。
「日本最大の歌祭り」という立場が、なにやらFNS歌謡祭にジワジワと奪われつつありそうだけど
やっぱりNHKホールには魔物がいる!!
上手な人はほんっとにうまく、オーラすら感じる仕上りになり
普段トレーニングを怠っている人は残酷なほどトホホにその姿が露呈される。
歌の神様が憑いているとしか思えない瞬間がたっくさんあるのだ。
今回はグループの出場が多くて、
NHKの楽屋と弁当の数とステージの床が大丈夫かと裏方ばかりが心配されますが。
出場歌手については本当に本当に不満が残りますがッ。
見てみないと分かんねぇのが紅白歌合戦。
以前ジャニーズのチビッ子が出場決まった時「ふざけんなーっ!」と怒ったが、
そのひたむきなステージパフォーマンスに
「オバチャンが応援するッ。頑張りんさい、頑張りんさい!」
と親のように手に汗握り結局応援するに至ったし、
認知度が低いw-indsやAAA(トリプルエー)の出場に
「はー? ヒット曲が無いのになんでじゃー」と首をひねったが、
「ここからがスタート!」とばかりにウキウキと持てる力を発揮する彼らの姿に
「よっしゃその意気やでっ。これを機に頑張りんさい、頑張りんさい!」
と涙を拭い応援に至ったし(はいはい私はチョロいチョロい……)
今回「ちょっと早いのではないか?」とどーしても納得できないE-girlの大ファンになっちゃう可能性も無きに

勝手に予想だけさせていただくと、今年の勝利は白組(ドキッパリ)。
紅組が人海戦術で(AKB、SKE、NMBにE-girl!)どう戦うかだが、
神様がついてる美輪様、飛び道具泉谷御大、そして今年最後のサブちゃん(号泣)。
白組だなー。絶対。紅組が勝つ気が全くしない!
しかし、私はこういった予想はビックリするほど外れるので信じないように。

さあ、あなたの予想はいかに?
えっ、それでも紅白見ない? ダウンタウンを見るッ? どひー!!
私の13回に免じて少しだけでも見て。サブちゃんだけでもっ(懇願)!

 
 
 
-ヒビレポ 2013年12月29日号-

Share on Facebook

タグ: Written by