ヒビレポ

いきもの事件史 第11回

ライオンに気をつけろ   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)   「松島トモ子さん ケニアで撮影中ライオンに襲われる 【ナイロビ 二十九日―松本特派員】テレビ撮影のためケニアを訪れていた女優の […]

月に吠える的日記@新宿ゴールデン街 第11回

陸前高田生まれのお客さん   コエヌマカズユキ(第4号で「デスマッチ・ブルース」執筆)  「月に吠える」の前を何度も通り過ぎている若者がいる。カウンターの中から窓越しに外を眺めてそう思っていると、不意にドアがノ […]

ぼんやりクッキング 第11回

アメリカ・カリフォルニア州アーヴァイン カニのチリソース煮込み カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆)  意外に思われるかもしれないが、アメリカ合衆国には芳醇なシーフード文化が拡がっている。  各州が強い地 […]

昭和歌謡宅急便 第11回

「紅白歌合戦」考   田中稲(第10号で「ラジオいきなり出演騒動記」執筆)   さて、いきなりですがみなさん、毎年紅白歌合戦を見てますか? 私は見ています。遊びに来た甥っ子姪っ子が引くほど真剣に……! […]

Written by

タグ:

今朝はボニー・バック 第11回

実録・交代劇〜ポロリ篇〜   ボニー・アイドル(第9号で「人生とはトイレからの距離である、のか?」執筆)   1993年7月からフジテレビ系列で放送されたドラマ「悪魔のKISS」。常盤貴子のオッパイぽ […]

1980年の山の音、江戸時代の猫 第11回

【投票しよう!】   山下陽光(第10号で「広島原爆ドーム前に出来たアトム書房」執筆)   コンチャース、山下陽光です 選挙行こうぜ! いやー、 とにかくわけわかんない事になっておりますが、まったく興 […]

実券でヨロシク!  その10

——「実券」とは招待券ではなく、お金が支払われる正規の入場券のことだ。実券大好き! よろしくお願いします! 「それは血を吐きながら続ける哀しいマラソンですよ」(モロボシ・ダン) 杉江松恋(第8号まで「ある日うっかりPTA […]

いきもの事件史 第10回

電気を止めるやつら   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)   「大飯原発に押し寄せる大量クラゲ、相次ぐ出力減  関西電力は2日、福井県おおい町の大飯原子力発電所3、4号機(各118万キロ・ワ […]

月に吠える的日記@新宿ゴールデン街 第10回

見る前に跳べ   コエヌマカズユキ(第4号で「デスマッチ・ブルース」執筆)   3ヶ月ほど前から新宿ゴールデン街に来るようになった学生のE君(22歳)は、好奇心の塊のような男だ。例えば彼の地元の某所で、客が出入 […]

ぼんやりクッキング 第10回

スイス・ルツェルン 牛しゃぶスープのシェリー割り カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆)  昨年秋ごろの話。イギリスでの夏の出稼ぎを終え、スイスに嫁いだ友人を訪ねに、チューリッヒの南に位置するルツェルンとい […]

昭和歌謡宅急便 第10回

踊る本棚   田中稲(第8号で「K文学館の散歩者」執筆)   さて、いきなりですがみなさん、本屋で写真を撮った事はありますか。 私はあります。……許可必要だったらどうしよう(汗)。けっこうドギマギしま […]

Written by

タグ:

今朝はボニー・バック 第10回

ビデオのこと   ボニー・アイドル(第9号で「人生とはトイレからの距離である、のか?」執筆)   前回ちらっと書いたように、ぼくはほとんどテレビを見ない。朝起きて目が覚めるまでテレビは点け放しにしてお […]

1980年の山の音、江戸時代の猫 第10回

【モバイルハウスでお遍路 田中良典 @ryoten_731 さんが凄い】   山下陽光(第7号で「ご近所のみなさま、お騒がせしております!」執筆)   こんにちは、山下陽光です。 ツイッターを眺めてた […]

実券でヨロシク!  その9

——「実券」とは招待券ではなく、お金が支払われる正規の入場券のことだ。実券大好き! よろしくお願いします! 「新・こんなプロレスを続けていたら(ry」(アントニオ猪木)   杉江松恋(第8号まで「ある日うっかり […]

いきもの事件史 第9回

ヨロイを着た貝たち   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)   装甲で防禦を固めた生物というのは少なくない。アルマジロや節足動物の外骨格はその典型だ。 それらはたとえばカルシウムの硬化したもの […]