ヒビレポ

今朝はボニー・バック 第3回

ランチジャーの逆襲① ボニー・アイドル(第9号で「人生とはトイレからの距離である、のか?」執筆) 10月3日、「季刊レポ」、「レポTV」でもおなじみの、えのきどいちろうさんが水曜パーソナリティを務めるTBSラジオの新番組 […]

1980年の山の音、江戸時代の猫  第3回

えのきどいちろう水曜WANTED 山下陽光(第7号で「ご近所のみなさま、お騒がせしております!」執筆) コンチャース!山下陽光です。 次回のレポに向けて原爆投下後に出来たアトム書房についての 原稿執筆中です。 前回レポT […]

実券でヨロシク!  その2

——「実券」とは招待券ではなく、お金が支払われる正規の入場券のことだ。実券大好き! よろしくお願いします! 「俺の人生にも1度くらいこんなことがあってもいいだろう」(長州力) 杉江松恋(第8号まで「ある日うっかりPTA」 […]

いきもの事件史 第2回

汽車をとめるヤスデ 日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中) 最初にお断りしておきます。食事中の方はどうか済ませてから。もしくは食前に読んでダイエットのおともにするか。 「ヤスデ異常発生、つぶされた脂で列車の車輪空転 […]

ぼんやりクッキング  第2回

サングリータ カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆)  昨年4月に、メキシコの首都メキシコシティを訪れた時のこと、現地在住カナダ人ピエールと一緒に、彼の家の裏手のバーに行った時のことだ。 「オレもメキシコに […]

昭和歌謡宅急便  第2回

ナニワの中心でサジを投げる 田中稲(第8号で「K文学館の散歩者」執筆) さて、いきなりですが、みなさん、仕事でドデカい失敗をしたことはありますか。 私はあります……。 迷いと失敗。そしてその晩もんどりうつほどの恥、後悔。 […]

Written by

タグ:

今朝はボニー・バック 第2回

小遊三、「LEON」への道② ボニー・アイドル(第9号で「人生とはトイレからの距離である、のか?」執筆) ソフィア・ローレンを母親に、イボンヌとキャサリン(どっちも犬)を恋人に持つ伊達男、三遊亭小遊三を雑誌「LEON」の […]

1980年の山の音、江戸時代の猫  第2回

山下陽光(第7号で「ご近所のみなさま、お騒がせしております!」執筆)    こんにちは山下陽光です。さて、今回はガリ版です。 ガリ版って何だ? プリントごっこの、お祖父ちゃんのような存在で、 武骨でカッコいい、 […]

実券でヨロシク!  その1

「やる前から負けること考えるバカいるかよ!」(アントニオ猪木) 杉江松恋(第8号まで「ある日うっかりPTA」を連載)  実券というのはプロレス用語だ。他の世界でも使う言葉なのかもしれないが、私は知らない。お金を払って来て […]

いきもの事件史  第1回

ニホンカワウソの絶滅 日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中) 「ニホンカワウソは『絶滅』 環境省、レッドリスト改訂 環境省は28日、絶滅の恐れのある野生生物を調べた『レッドリスト』を見直し、ニホンカワウソを絶滅危惧種 […]

月に吠える的日記@新宿ゴールデン街 第1回

全財産と引き換えに店を出した コエヌマカズユキ(第4号で「デスマッチ・ブルース」執筆)  2012年6月18日、それまでは「ジャーナリスト」だけだった僕の肩書に、新しく「ゴールデン街のバーのマスター」が加わった。そう、僕 […]

ぼんやりクッキング  第1回

ツォイワン カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆)  幸運なことに、人よりも多く海外に行く機会が多い。更に幸運なことに、結婚したり転勤したりで、大体の場所には知り合いが住んでいて、しょっちゅう彼ら彼女らの家 […]

昭和歌謡宅急便 第1回

田中稲(第8号で「K文学館の散歩者」執筆) みなさん、はじめまして。大阪でライターをしている田中稲と申します。 今回、メルレポで紹介させていただくのはズバリ「昭和歌謡」。 私の大阪でのスットコドッコイな仕事ぶりと交え、 […]

Written by

タグ:

今朝はボニー・バック 第1回 

小遊三、「LEON」への道① ボニー・アイドル(第9号で「人生とはトイレからの距離である、のか?」執筆) 「LEON」というファッション雑誌がある。チョイ不良(ワル)親父のバイブルだ。一度も購読したことがないので実際のと […]