カルロス矢吹

北朝鮮ポップスの調べ 第2回

北朝鮮史上初のラヴソング「口笛」   カルロス矢吹 (第11号で「あれはもう、北朝鮮です!」執筆)       カルロス矢吹(以下:カ)「今週は『口笛』という曲なんですが、これどう […]

北朝鮮ポップスの調べ 第1回

「統一列車」   カルロス矢吹 (第11号で「あれはもう、北朝鮮です!」執筆)       カルロス矢吹(以下:カ)「こんにちは、カルロス矢吹です。」 アンドル・ジュン(以下:ジュ […]

4/1より「ヒビレポ」第3シーズン開始!

レポTVヨシオカです。 所用中の副編ヒラカツに代わりまして、「ヒビレポ」第3シーズンの執筆陣をご案内します。 今期(4/1~6/30)は、月~金曜日の掲載となります。 掲載時刻は変わらず、午前8時です。 (月曜)杉江松恋 […]

レポTV 3/19「レポTV100回目!執筆陣続々登場!堂々の2時間!」

(北尾トロ、えのきどいちろう ほか) 気づけばレポTVも100回!そしてこの日は本誌11号の発送日。作業に集まったメンバーとお送りした2時間でした。 (登場順に)東良美季、ボニー・アイドル、吉野歩、カルロス矢吹、川内有緒 […]

ぼんやりクッキング 最終回

ベルギー・ブリュッセル ジャガイモのチーズ煮込み カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆)  ブリュッセルには、良い思い出しかない。ヒューガルデン、レフ・ブロンド、クウィーク、PUBごとに醸造しているオリジナ […]

ぼんやりクッキング 第12回

イギリス・スコットランド ハギス カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆)  お待たせしました! 今回は、以前に調理機材不備のため再現しきれなかった、イギリス・スコットランドです。これまで、基本的には「美味し […]

ぼんやりクッキング 第11回

アメリカ・カリフォルニア州アーヴァイン カニのチリソース煮込み カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆)  意外に思われるかもしれないが、アメリカ合衆国には芳醇なシーフード文化が拡がっている。  各州が強い地 […]

ぼんやりクッキング 第10回

スイス・ルツェルン 牛しゃぶスープのシェリー割り カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆)  昨年秋ごろの話。イギリスでの夏の出稼ぎを終え、スイスに嫁いだ友人を訪ねに、チューリッヒの南に位置するルツェルンとい […]

ぼんやりクッキング 第9回

ドイツ・ミュンヘン カレー・ヴルスト カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆)  昨年秋、ミュンヘンで働いているルーマニア人、ロブが「カモン!」と行ってくれたのでいそいそとドイツまで遊びに行ったのですが、驚か […]

ぼんやりクッキング 第8回

オランダ・アムステルダム ハーリングサンドウィッチ カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆) 「メシが不味い」といえば、一般的にはイギリスが=(イコール)で結ばれてしまうが、オランダも中々いい線を行っている。 […]

ぼんやりクッキング 第7回

米線 中国・北京 カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆) 「中華料理」と聞いて、イメージする料理はなんだろうか。麻婆豆腐、エビチリ、炒飯・・・、北京ダックなんかを一番に挙げる人もいるかもしれない。それらに共 […]

ぼんやりクッキング 第6回

アンチョビのサラダ スペイン・イビサ島 カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆) 「スペインってどのお店入っても本当に料理美味しいよね!」という意見に、全面的には賛成できないでいる。外国の人からしたら、日本食 […]

ぼんやりクッキング 第5回

カナダ・トロント カリフォルニア・ロール カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆) (まずは謝罪を。前回、「次回はイギリス・スコットランド」と書きましたが、延期させていただきます。理由は、必要な調理道具が我が […]

ぼんやりクッキング 第4回

アイルランド・ダブリン アイリッシュシチュー カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆)  アイルランドの首都、ダブリンにいたのは去年の9月半ば位。もうとっくに夏は終わり、短い秋を通り越し、冬へ向けてウォームア […]

ぼんやりクッキング 第3回

韓国・ソウル 魚の丸揚げ(名称不明) カルロス矢吹(第2号で「尿ボトルとコンドーム」執筆)  昨年の秋、モンゴルからの帰り道に韓国・ソウルに一人で寄ったんですが、これをやると問題が起きます。焼肉屋に行入れないんです。行っ […]