乙幡啓子

乙幡啓子さんが、第2回雑貨大賞を受賞されました!

『日本を代表するクリエイターを目指す人のためのアワード』として、 ヴィレッジヴァンガードが主催する「雑貨大賞」。 昨年に続いての第2回が実施され、レポの工作連載でもおなじみ、 (というか、デイリーポータルZの連載で皆様ご […]

季刊レポ 20号:終刊号新連載大特集

vol.20_cover

【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】 終刊号新連載大特集 最後の「季刊レポ」なのに<新連載>とは、これいかに? 終刊号が書き手たちの新たなスタートになるように、 特集を組んだのである。 終刊号で始まった新連載は、 […]

レポCD発売記念!「レポCDジャパン・ツアー2015」、栃木市と新潟市で開催!!

IMG_0353

4/19 栃木公演(カフェなずな)、終了しました!当日の模様は、現地イベンター(苦笑)福田法華さんのブログで ★おなじみ執筆陣&強力ゲストが選曲!レポCDとは!? ★レポCDのお求めはレポ公式ショップで。ほかでは手に入ら […]

季刊レポ 19号:特集 音楽 ハートに火をつけて

vol.19_cover03

【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】 特集 音楽 ハートに火をつけて 同じメロディー、同じ歌を聴いたとき、 何を思いどうカラダを動かすかは人によって違っているだろう。 無数の曲がある中で、これが大事だと思えるもの […]

季刊レポ 18号:特集 フリーランス労働者

vol.18_cover

【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】 特集 フリーランス労働者 「新しい働き方を見つけよう」とか、「独立・起業のすすめ」とか、妙に威勢のいい書名や見出しが、組織で働くことに疲れた人をしきりと誘う。ノマドなんて言葉 […]

季刊レポ 17号:特集 笑う本棚 2014

vol

【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】 イラスト:後藤グミ 特集 笑う本棚 2014 弁当箱の片隅に生息する不思議魚類を収集・分類した『醤油鯛』の発掘から2年。笑う本棚大賞がレポに帰ってきた! 笑える本の笑えない状 […]

「笑う本棚」第2弾のお知らせ!(フェア開催書店も募集中!)

「季刊レポ」17号の特集は<笑う本棚2014>。19名の執筆者が、ノンフィクションのみならず小説、マンガも含め、これぞと思う本をスイセンいたします。また、これらの本の中から、ぜひともこの本に光を当てたいと思うものを選び、 […]

季刊レポ 16号:特集 オンナの土俵際 どすこい

repo16cover

【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】 イラスト:後藤グミ 特集 オンナの土俵際 どすこい レポ初、総勢9名の女性執筆者による特集である。 彼女たちは、自らのターニングポイントを見つめ、来し方を振り返り、自らを取り […]

レポ執筆陣 春のイベント&出演&出版情報

5/18(日)栃木・蔵の街かど映画祭 同時開催トークイベント 「日光道でしょう!~ちょっと寄り道・栃木宿~」 17:30開場 18:00開演(19:30終了予定) 会場:金魚湯センター 玉川の湯・2階(栃木市室町3-14 […]

季刊レポ 15号:特集 犯罪者たち Les Criminels

【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】 イラスト:後藤グミ 特集 犯罪者たち  Les Criminels 事実は小説よりも奇なりというが、 報道はどこまで犯罪の真実を伝えているのだろう。 私達はどれほどのことを知 […]

季刊レポ 14号:特集 八〇年代エロ本文化

【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】 イラスト:後藤グミ 一九八〇年代、エロ本黄金時代。 独特なエロ本文化がどこからやってきて、どのように花開いたのか。 でたらめでテキトーだが勢いがあり、熱が伝播し、でたらめでテ […]

レポTV 10/8「オツハタスペシャル!」

(乙幡啓子、米谷テツヤ/えのきどいちろう、北尾トロ) 新刊2冊の発売を記念して、個展全国ツアーを開催中の乙幡さん。東京会場で準備真っ最中のところを訪ね、オツハタ作品の魅力と不思議に迫ります。途中退場したトロにかわって、レ […]

レポTV 8/6「社長は手数料が納得いかないのだ!」

(左から、えのきどいちろう、北尾トロ、乙幡啓子) 8月のちびレポ発送日で、執筆者が続々登場!新刊も発売で久々登場の乙幡啓子さんとトロの社長トーク!?、今月も栃木から登場の福田法華さんは新しい職場に?、海江田哲朗さんが身に […]

季刊レポ12号:怒濤特集 第3弾 山田の知らない山田うどん

【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】 はやくもというか、またしてもというか、山田うどん特集だ。 三たびの山田である。 なぜ? 山田の世界は実に深遠だからにほかならない。 我々は歴史をさかのぼることにした。 「賢者 […]