北尾トロ

レポTV 2/26「ながさわ選手凱旋!とんでもない作品がやってきた!」

(北尾トロ、えのきどいちろう、ながさわたかひろ) 山田本の河出書房新社での刊行が決定してから早1年、無事に発売され増刷もされたその一方で、1年以上も手付かずになっていたある企画が、ようやく動き始めます。どうやら思っていた […]

レポTV 2/19「駄目だ無理しなきゃ!俺たち!」

(北尾トロ、えのきどいちろう、平野勝敏) 生放送は2週ぶりのレポTV。年明けから、トロのことを心配していた?えのきどですが、今夜ここに結論が出ます。思いもよらぬ、その答えとは? ※生放送配信時は、回線不調による瞬断多発で […]

松本⇄東京ふんふん日記 第30回 1.26-1.29 牛窓ー松本ー東京

ジェラートが有名。が、冷たすぎるんだよ!

ジェラートが有名。が、冷たすぎるんだよ! 正月に行ったばかりの瀬戸内市牛窓町を再訪。今度は「ダ・ヴィンチ」誌仕事のためで、瀬戸内市に新しくできる図書館が目的。前回行ったときに見かけた1枚のチラシが企画の元になった。仕事の […]

松本⇄東京ふんふん日記 第29回 1.18-1.25 東京―松本―東京

わが家で流行中の剣玉。

わが家で流行中の剣玉。 いやもうまいった。とうとう風邪にやられた。 松本に戻って猫と遊んだり娘と剣玉やったりしてのんびりできたのは良かったんだが、連日入った温泉で湯冷めしたんだろうか。それとも麻雀合宿のダメージが残ってい […]

「笑う本棚」フェア、留萌は4/21まで!札幌、成城でも5月に開催!

  季刊レポ×三省堂書店×ダ・ヴィンチコラボフェア「笑う本棚」、第3ラウンドがはじまりましたよ。 以前からお知らせしていたように、今回の開催地は北海道・留萌。 三省堂書店 留萌ブックセンターです。早速その模様を […]

レポTV 2/5「本誌11号「ライター特集」について考えよう。」

(北尾トロ、えのきどいちろう、平野勝敏) 番組内では一言も触れていませんが、今日から3年目に入るレポTV。記念すべき日なのですが、いやいや本誌のことが重要。3月発売11号の「ライター特集」について、トロ×えのきどに、副編 […]

【満員御礼】第2回 山田うどん祭 in 山田食品産業・入間セントラルキッチン

愛の山田うどん 廻ってくれ、俺の頭上で!!

2/11(月・祝) 10:30~13:00 山田うどんセントラルキッチン(入間市工業団地) 要予約(50名限定・先着順) 参加費1,000円 会場までの往復送迎バス付きでの参加、現地集合(駐車場あり)が選べます。 三宅工 […]

レポTV 1/29「えのきど復活!第2回山田うどん祭は、工場見学ツアー!」

(北尾トロ、えのきどいちろう) 先週は高熱だったえのきど、そして年末から長く患っていた副編ヒラカツも無事復活!さらに、第2回山田うどん祭が決定!しかも、入間セントラルキッチンを会場としての、工場見学ツアーなのです! ●U […]

2012.1.15 山田二年始動!しかし、しまぶくに裁きがっ!

repoTV093-20130115

●Ustream録画を再生  ●MP3で試聴する ●ポッドキャストを iTunesStoreでダウンロードする ※ポッドキャストの聴き方、Ustreamが再生できない場合はこちら (北尾トロ、えのきどいちろう/海江田哲朗 […]

松本⇄東京ふんふん日記 第26回 12.31-1.3(東京滞在)

年末、30日に松本に戻り、31日には一家+猫2匹で東京の義母宅にバタバタと移動が続いた。そんなわけで正月は東京。ぼくの係は犬猫の世話。義母の家には柴犬ハナ(牝1歳)がいて常に遊び相手募集中なんで退屈することはないのだ。猫 […]

松本⇄東京ふんふん日記 第25回 12.27-30(東京滞在)

「愛の山田うどん」という食べ物があるみたいだ。 27日には事務所の大掃除をし、これにて年越し準備完了……とはならないんだよね。29日には今年最後の取材をし、消防車マニアに会った。昭和の時代に活躍したボンネット型消防車のコ […]

松本⇄東京ふんふん日記 第24回 12.23-12.26 松本滞在

夜のTBS付近。 ばたばたの反動で、今回の松本はのんびり。クリスマスを娘と過ごすのが最大の目的。まだサンタを信じているからね。サンタさんへの手紙とか真剣に書いていて、かわいらしいもんだよ。ぼくはいくつまで信じていたのか思 […]

松本⇄東京ふんふん日記 第23回 12.15-12.22 松本滞在(~18日)、東京滞在(19~22日)

あずさの車窓から松本駅……って、まだ発車してない。 選挙の日、投票所へ行くと空いていて、これはまずいなと思っていたら開票開始直後に自民圧勝の報道。都知事選は猪瀬がこれも圧勝。世間とのズレを感じる。 文庫書き下ろし原稿、最 […]