日高トモキチ

展示される生きものたち 第9回

PARADISE LOST・東京ムツゴロウ動物王国   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)       葬式鉄というスラングがある。字面から判る通り、あまり褒められた意味で […]

展示される生きものたち 第8回

通りすがりのアクアリウム・かすみがうら市水族館   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)       霞ヶ浦に行こうと思ったのだ。 深い理由はない。今年の夏に車を買い替えて、 […]

展示される生きものたち 第7回

爬虫類にさーわれるよ・体感型動物園iZoo   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)       かつて伊豆アンディランドという亀専門のテーマパークがあった。未訪である。 と […]

展示される生きものたち 第6回

植物園に行こう・京都府立植物園   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)     植物園というのはいかにもスタティックな展示施設である。 なんせ相手は山川草木のたぐいだ。トリフィドの生 […]

展示される生きものたち 第5回

日本初の昆虫生態展示施設・としまえんのもり昆虫館   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)     東京都のまん中へん、つまり23区のはずれに位置する練馬にある遊園地がとしまえんである […]

展示される生きものたち 第4回

「黒い噂」を検証する・京都水族館   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)         これまでなんとなく「鄙びた系」を中心に紹介してきたが、何もモダンな都会の […]

展示される生きものたち 第3回

パンダのいない動物園・東京都恩賜上野動物園   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)         まず誤解なきよう断わっておくが、現在の上野動物園ではジャイアン […]

展示される生きものたち 第2回

地球が丸く見える水族館・犬吠埼マリンパーク   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)         「犬吠埼マリンパークは本州最東端に位置し、怒涛荒磯の男性的景観 […]

展示される生きものたち 第1回

クラゲの王国・加茂水族館   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)         動物園や水族館といった生きもの展示施設はレポ本誌でもたびたび取り上げて来ました。 […]

2013年10~12月期のヒビレポ執筆者

いつもヒビレポをご愛読いただきありがとうございます。 10月1日からの執筆メンバーをご紹介しましょう。 月/檀原照和   <バイト・サバイバー> 火/山口ゆかり  <MAKE A NOISE!> 水/半澤則吉   <散歩 […]

【目次】ヒビレポ 2012年10~12月期

月/山下陽光 <1980年の山の音、江戸時代の猫> 第1回 第2回 第3回 えのきどいちろう水曜WANTED 第4回 【何と言ったらいいんでしょうかこの感覚】 第5回 インターネット便利すぎる 第6回 日々の疑問 第7回 […]

季刊レポ12号:怒濤特集 第3弾 山田の知らない山田うどん

【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】 はやくもというか、またしてもというか、山田うどん特集だ。 三たびの山田である。 なぜ? 山田の世界は実に深遠だからにほかならない。 我々は歴史をさかのぼることにした。 「賢者 […]

「春のきのこ祭り! きのこる学習帳2冊目」

『季刊レポ』執筆者の日高トモキチさんが登壇する、きのこイベントのお知らせです! (日高トモキチさんがきのこ愛を炸裂させている「琵琶湖のほとりにきのこを拝みに行きました。 ごろごろ生物紀行」は『季刊レポ』9号掲載……申し訳 […]

「笑う本棚」フェア、留萌は4/21まで!札幌、成城でも5月に開催!

  季刊レポ×三省堂書店×ダ・ヴィンチコラボフェア「笑う本棚」、第3ラウンドがはじまりましたよ。 以前からお知らせしていたように、今回の開催地は北海道・留萌。 三省堂書店 留萌ブックセンターです。早速その模様を […]

いきもの事件史 最終回

発見の歴史   日高トモキチ(生きものなんとか紀行連載中)   ニホンカワウソの絶滅ではじめたこの雑文、締めは新種発見のおはなしにしようと決めていた。 だから、ヤンバルクイナである。 「沖縄で新種の鳥 […]