木村カナ

笑いたい読書  第11回

逸材と惹句 木村カナ(レポ編集スタッフ)           松岡修造 『人生を変える修造思考!』 アスコム    今年に入ってから突如として、松岡修造氏のことが気になりだした。そ […]

笑いたい読書  第10回

他人事だったら美酒の味 木村カナ(レポ編集スタッフ)            おりしも世の中は忘年会シーズンなのであります。  酔っ払いにまつわる笑える本が「笑う本棚2014」でも2 […]

季刊レポ 18号:特集 フリーランス労働者

vol.18_cover

【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】 特集 フリーランス労働者 「新しい働き方を見つけよう」とか、「独立・起業のすすめ」とか、妙に威勢のいい書名や見出しが、組織で働くことに疲れた人をしきりと誘う。ノマドなんて言葉 […]

笑いたい読書  第9回

米国人もすなる 木村カナ(レポ編集スタッフ)           A.J.ジェイコブズ 『健康男 体にいいこと、全部試しました!』 本間徳子訳 日経BP社、2013年    誰にも […]

笑いたい読書  第8回

安かろう悪かろう愛しかろう 木村カナ(レポ編集スタッフ)           内海慶一 『100均フリーダム』 ビー・エヌ・エヌ新社    2010年の「笑う本棚」で新保信長さんが […]

笑いたい読書  第7回

笑いと味覚はよく似てる 木村カナ(レポ編集スタッフ) 菅野彰・立花美枝子 『あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します』 新書館ウィングス文庫  食エッセイといったらたいていはグルメ、美味美食について書いてあ […]

笑いたい読書  第6回

人にやさしく   木村カナ(レポ編集スタッフ)       「笑う本棚2014」で、海江田哲朗さんが色川武大の『うらおもて人生録』を「大事にしてる一冊」として挙げている。この本はわたしも持っ […]

笑いたい読書  第5回

昭和は遠くなりにけり   木村カナ(レポ編集スタッフ)       ワッキー貝山・池田浩明 『愛しのインチキガチャガチャ大全―コスモスのすべて―』 『素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界― […]

笑いたい読書  第4回

笑う青空文庫   木村カナ(レポ編集スタッフ)       「レポTV」の公開収録イベントとして、「声に出して読み聞かせたい迷文」という企画をやったことがあった。2011年5月15日の高円寺 […]

笑いたい読書  第3回

人の造りしもの   木村カナ(レポ編集スタッフ)        その本を読んだ前と後とで、ものの見え方が変わってくるような本が好きだ。  一昨年の第1回「笑う本棚大賞」の受賞を惜しくも逃した――201 […]

笑いたい読書  第2回

赤ちゃん感覚をもう一度   木村カナ(レポ編集スタッフ)       「季刊レポ」17号の鼎談「どうする、笑う本棚大賞」において、大宅賞に持っていかれてしまった「こっち側」の面白い本のうちの一冊として […]

笑いたい読書  第1回

散歩する犬のように   木村カナ(レポ編集スタッフ)       「季刊レポ」17号の表紙を最初に見たときに思ったのだ、あ、動物が笑ってる!って。一度そういう風に見えてしまうと、もう動物にしか見えなく […]

2014年10~12月期のヒビレポ執筆者

いつもヒビレポをご愛読いただきありがとうございます。 10月1日(水)からの執筆メンバーをご紹介しましょう。 月/島田十万   <あのへん 〜中野阿佐ヶ谷高円寺〜> 火/田中稲    <歌謡な毎日を送っております。> 水 […]

季刊レポ 17号:特集 笑う本棚 2014

vol

【レポは全国の特約書店でお求めいただけます】 イラスト:後藤グミ 特集 笑う本棚 2014 弁当箱の片隅に生息する不思議魚類を収集・分類した『醤油鯛』の発掘から2年。笑う本棚大賞がレポに帰ってきた! 笑える本の笑えない状 […]